医療脱毛でムダ毛とさよなら

薄着の季節になるとどうしても気になってくるのが全身のムダ毛です。
カミソリや脱毛クリームで処理をしても次から次へと生えてくるムダ毛にうんざりしている人も多いのではないでしょうか?
医療脱毛を行えば、ムダ毛を根元から処理でき、ほぼ永久的な脱毛効果が期待できます。
医療脱毛の特色と、エステ脱毛の違いや注意点について紹介します。

医療脱毛と脱毛サロンやエステの違い

脱毛の施術が受けられる機関には脱毛サロンやエステ、そしてクリニックがあります。
医療脱毛は、医師が常勤しているクリニックでしか施術することができません。
効果の高い医療用の機器を用い、肌トラブルがあった際には診療も行ってもらえるため、より安心して施術を受けられるというメリットがあります。

医療脱毛で使用されているのは強力な医療レーザーです。
医療レーザーは医師や看護士といった医療従事者でなければ扱うことができません。
ムダ毛を剃った状態で、医療レーザーを毛の黒い色の元となるメラニン色素に合わせて照射することで、レーザーが毛に吸収されて熱を持ちます。
熱は皮膚の奥に存在している毛根や、毛を作り出す毛母細胞まで届いてそれらを破壊します。

一方、脱毛サロンやエステでは光(フラッシュ)脱毛が多く採用されています。
光脱毛は医療レーザーと仕組みは似ていますが、出力が低く、施術は医療従事者でなくても可能です。
光脱毛でもムダ毛が生えなくなったという人もいますが、毛母細胞の破壊までは至らず、永久的な脱毛は難しいとも言われています。
また、肌トラブルを起こした際にはその施設内での対応ができないため、他の医療機関を受診する必要があります。

よく、医療脱毛はエステ脱毛よりも高額だという意見があります。
手軽で試しやすいプランを打ち出してくるエステは確かに金額面で安いと感じることがあるでしょう。
しかし、通う回数は医療脱毛なら5回程度で完了するところが、エステの場合は威力が弱いこともあり、通常のコースでも18回以上通う必要が出てきます。
コースが終了しても追加で施術が必要になったり、効果も永久的ではないことから考えると、一概に医療脱毛の方が高額だと言い切ることはできません。
最終的にかかった金額はエステ脱毛も医療脱毛と変わらないということもあります。

医療脱毛で注意すべき点とは?

医師がいる施設で行っているから医療脱毛は安全でリスクが無いものだ、というわけではありません。
レーザーを照射するため火傷の可能性があります。
また、レーザー照射により一時的に肌のバリア機能が失われ、ニキビができやすくなる可能性もあります。
肌の異常がある場合は施術したクリニックに相談しましょう。

日焼けをした肌は医療脱毛に向いていません。
通常は細心の注意を払ってレーザーの出力を調整しますが、日焼けで極端に肌が黒くなっているとその部分に反応し、火傷を起こしてしまう可能性があります。
医療脱毛を考えている場合は日焼けに注意しましょう。