フードコーディネーターになるには

日々の暮らしに欠かせない食を提案する フードコーディネーター

人は日々、食事を摂取して生きています。
食べるものや飲むもの、人によって異なりますが、栄養バランスが著しく欠落しているものばかり摂取をしていると、体調を壊し、病気に繋がる恐れも有るでしょう。
また、病気を患っている人の中には、食事で食べすぎるといけない物などもありますので、その点に関しても注意が必要です。

そんな日々の暮らしに欠かすことが出来ない食事に関して、トータル的にアドバイス、献立作成などの業務を行うのが、フードコーディネーターです。
日々の暮らしでどんな食事を摂取するべきなのか、足りていない栄養素は無いかどうかなど、依頼者の食事状況をチェック、改善するアドバイスを行っていくことが仕事となります。
また、調理師、栄養士の中には、こうしたフードコーディネーターとしての顔を持っている方も多く、勉強をすることで、献立作成などに役立てている方も多いでしょう。

フードコーディネーター資格認定試験で一級を目指す!

フードコーディネーターとして働くためには、特に特別な資格は必要有りません。
基本的な食事、栄養素などの知識を持っていれば、フードコーディネーターとして自称で働くことが出来るでしょう。

ですが、どうせ働くのであれば、出来るだけ専門的知識を身につけておくことが大切です。
専門的知識を身につけるためには、フードコーディネーター資格認定試験を受けて、資格取得を目指すと良いでしょう。
こちらの認定試験は、現在日本で唯一のフードコーディネーター資格として知られており、取得することで、フードコーディネーターとしての証明になるといえるでしょう。
最も難しい1級を取得した方は、晴れて、フードコーディネーターとしてプロレベルの知識を持っていると証明されます。

フードコーディネーター1級は、現在調理師や栄養士として働いている人でも難しい問題ばかりですので、そう簡単には合格できません。
しっかりと勉強をしないと一級取得は出来ませんので、フードコーディネーターとして働きたい方は、勉強の一環として、挑戦することをおすすめします。

フードコーディネーターはフリーとしても活躍

フードコーディネーターはその特性上、調理師や栄養士など、食に関する仕事に携わる方が取得をしているイメージが強いかもしれません。
ですが、フードコーディネーターとしてフリーで働くことも出来ますので、独立開業したいという方にもおすすめでしょう。

フリーとして働くためには、ある程度現場で経験、料理も出来る事が望ましいでしょう。
料理もすることが出来ない人間に食べ物の事を教えられても説得力がないと考える依頼者は多いため、最低限のスキルを身につけることをおすすめします。